自動車売却は査定が命

女の人

複数社に査定してもらう

現在、自動車を売却するときには、出来るだけ多くの買取業者に車査定してもらうのが当たり前となってきています。というのも、買取業者によって査定額が異なるため、複数社を比較してみないと損をしてしまう可能性があるためです。 まずインターネットを活用して複数社に車査定をしてもらいますが、ネットでは車の状態確認まではできないので概算になります。それでも、大よその買い値が分かるので便利でしょう。 概算査定にて高値をつけてくれた業者を数社選び目視査定を依頼します。 目視査定とは業者スタッフが車の状態を目で確認して出す最終的な買取価格です。傷、凹み、汚れなどから減点されるため、基本的には概算査定から下がると考えておいた方がいいでしょう。

買い取り業者の種類とは

買取業者には、全国展開をする大手業者から特定の地域で展開する中小業者が存在します。どちらがいいとは一概には言えませんので、いずれにしても車査定をしてもらうことが先決でしょう。 また、他には新車ディーラー、中古車ディーラー、中古車専門販売店などもあります。こちらで行われる買い取りは、正確には下取りと言います。 下取りとは、販売店にて自動車購入を条件に愛車の引き取りをしてもらう方法です。そのため、複数社を比較することはできず、車の買い替えをする必要があります。また、現金取引きではなく、購入価格から値引きされて還元するシステムです。 下取りよりも買取りの方が高値がつくとされていますが、気になる場合はディーラーや販売店でも車査定してもらうといいでしょう