中古車買取の価格

鍵

先ずは「相場」を理解すること

中古車査定で車がいくらで買取ってもらう事が出来るのかは、「状態」と「相場」の二つによって大きな影響を受けます。 例えば、相場が50万円で取引されている車であれば、中古車査定の結果は平均して30〜45万円程度の範囲になる可能性が高いと言えます。しかし、最終的な価格は車の状態によっても大きく左右されるため、場合によっては5万円にしかならなかったり、逆に55万円になったりすることもあります。つまり、相場はあくまでも基準となるだけで、最終的な中古車査定の結果は状態による影響が大きいという事になります。 しかし、相場がベースとなる金額を決めてしまう事になるので、今現在、自分の車の相場がどの程度なのかを把握しておくことは大切です。

トレンドに加えてこれまでの人気車種も高い価格で取引される

今、世の中のトレンドは「エコ」です。地球温暖化や資源保護などの観点から世界中でエコロジーに関わる活動が活発に行われています。そのような流れもあり、車もエコナ車が非常に人気です。 中古車査定においても、エコカーや電気自動車は比較的高い相場で取引されていますので、その様な車の売却を検討しているのであれば今はねらい目と言えます。また、エコカー人気とは反して旧車と呼ばれるジャンルの人気も依然高い水準を保っています。 車に対してエコでは無く「走りの楽しさ」を求めるユーザーにとっては、旧型のガソリン車の方が遥かに大きな魅力があるため、以前として比較的高い相場で取引が行われています。今後発売される車がどのようなものになるかによっては、人気の加速や衰退に大きな影響を与えそうです。