業者を利用

自動車

どっちがお得になるの

車を買い替える際には、買い取り店にするか、下取りに出すか迷うところです。どちらも、それぞれ良い所があります。一般的には買い取りのほうが高く売れるイメージですが、今は下取りもかなりの金額を提示している、と言う報告を耳にします。買い取り店だと、人気車は高く売れるけど、そうでもない車は値がつかないなんてこともありますが、逆に下取りだと、不人気車でも高く下取りしてくれる事もあるようです。特に決算期やボーナスシーズンは、思い切った金額がでるようです。季節により下取り金額の変動もあるにで、車を買い換える際は、いつ買い換えるのが一番得なのか、あれこれ作戦たてて、買い換えるまで悩むのも、それは1つの楽しみです。

乗り潰すより乗り換え

昔は、車は高級品でしたから一度購入したら、修理を繰り返し乗り潰すのが、当たり前でした。それがだんだん普及するに従い、価格も下がり庶民にも手がでるようになると、常に新しい車に乗りたいと思う人も増えてきました。修理する場所も増えて、古い車でも安心し乗れるようになっていきます。ディーラーも、新しい車を買ってもらおうと、下取りに力を入れてきます。下取りした車もまた、別のユーザーに売れるのですから都合が良いわけです。少し前なら下取り価格はディーラーの言い値でしたが、最近はユーザーも色々な知識を身につけて交渉してくるので、売りたい側、買いたい側との熱いやりとりが、繰り広げられるようになってきました。購入の際は、そんなやりとりも楽しみのひとつです。